西城秀樹・病気の発症はいつ?予兆はあった?原因や後遺症は?家族への思い

みなさん、こんにちは!

うきえです^^

今日、西城秀樹さんが亡くなられたという

速報を聞いて、びっくりしました。

ヤングマンでお馴染みで

バラエティー番組になんかも

よく出ていましたよね。

いつから病気が発症していたのか

原因や後遺症、予兆はあったのかなど

調べてみました。

スポンサードリンク

西城秀樹さんの病気はいつ発症したのか?

西城秀樹さんが最初に病気が発見されたのが

2003年の6月で当時48歳のときだったそうです。

そのとき韓国でディナーショーをしており

この時、ホテルにいた西城秀樹さんは

自分の顔を鏡で見ると歪んだような感じに見えていたそうです。

そして現地の病院で診てもらうと

脳梗塞の可能性を指摘され

日本に帰国後、再度病院で検査を受けたら

脳梗塞ということがわかったようですね。

1度目の脳梗塞はすぐに治り、後遺症もなく

普段通りの生活に戻っていったそうです・

しかし2011年12月に再発されています。

病気の原因は?予兆はあった?

出典http://genkiweb.jp/

脳梗塞の大きな原因は

動脈硬化にあり、

血液の流れが悪くなってしまうことにあります。

西城秀樹さんも1度目の脳梗塞から

再発しないよう、食事や生活などは気を付けていたそうです。

なので余計に、

「なんで?」「気を付けていたのにどうして?」

という思いがあったようですね。

2度目の時は予兆はまったくなかったそうです。

頭が痛いなどということも全くなかったし、

予兆はゼロに等しい。いきなり来ます。

突然、血流が止まるんですから。

ただ、症状として表面には現れなくても

体の中では徐々に進行していっていたんでしょうね

今思えば、発症の1カ月前から、

なぜ疲れが取れないんだろうと感じていました。

いつものジムへ行って運動しても何しても、

疲れが取れなくてすっきりしなくて。

予兆といえばそれが予兆だったんでしょう。

その頃には血流が悪くなっていたんでしょうね。

疲れが取れないってよくあることですし

年を重ねれば、仕方ないな~

なんて思がちですもんね。

スポンサードリンク

後遺症はあった?

西城秀樹の脳梗塞は

1度目は後遺症もなく治ったものの

2度目を発症したときは

初めて身体に症状がでて、

右半身麻痺になっていたそうです。

西城秀樹さん自身、そうとうショックを受けていたようですね。

そして目にも症状がで

右目が網膜症、左目が白内障になってしまい

両目を手術をしていたそうです。

しかし毎日のリハビリ生活を続け

2016年には70回もライブを行っていたそうです!

その他にも健康関係の公演などにも積極的に

行っていたそうです

家族への思い

やはり西城秀樹さんがここまで

リハビリなどを頑張れたのも

家族の支えがあったからこそだと言ってます。

西城秀樹さんは

2001年に18歳年下の奥さんと結婚

2002年に長女

2003年に長男

2005年に次男

と3人のお子さんにも恵まれました。

出典http://blog.fujitv.co.jp

西城秀樹さんが歌手活動を引退するか悩んでいた時

奥さんから「焦らずゆっくり直していこう。」

という言葉で、踏みとどまりリハビリを頑張ろうと思えたそうですね

うきえのまとめ

●西城秀樹さんの病気は2003年から発症

●脳梗塞の予兆ははっきりとはは感じられないが

身体のちょっとした変化はあった

●後遺症は半身麻痺と網膜症と白内障

●家族の支えがあってこそ、ここまでこれた

脳梗塞や急性心不全などで

亡くなられる方をよく聞くようになったな、、

と最近思います。

自分では気づかないところで

病気って進行していくし

きっとどれが原因っていうはっきりしたものが

ないのが、怖いところだな

なんで思いますね。

日頃から自分の身体を大切にする意識は

やっぱりもっておかないといけないですね。

活躍されていた人が亡くなるのは

なんだか寂しい気持ちになります

西城秀樹さん

心よりご冥福お祈り致します。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする