大浦龍宇一の元嫁(画像)・離婚原因や再婚してる?子供(息子)にキャラ弁やイクメン姿も!

みなさん、こんにちは!

うきえです^^

徹子の部屋に俳優の大浦龍宇一さんが出演されます。

そんな大浦龍宇一さんは離婚経験がある

バツイチで、お子さんもおられます。

しかも子供(息子)さんは大浦龍宇一さんが

育てているそうですね。

そんな素敵なパパなのに

なぜ元奥さんと離婚してしまったのか!

元嫁との離婚原因や、現在再婚はしてる?大浦龍宇一

子供(息子)との生活やイクメン姿など

気になることを調べてみました!

スポンサードリンク

大浦龍宇一さんのwiki経歴プロフィール

【本名】梶浦靖博(かじうらやすひろ)

【生年月日】1968年11月17日

【出身】京都府京都市

【身長】181㎝

【血液型】A型

大浦龍宇一さんは芸能一家に育ったいます

父親・元俳優の高田由紀夫

祖父・元俳優の高田浩吉

叔母・女優の高田美和

祖母・元女優の宏橋照子

母方の祖母・毛利峰子

大浦龍宇一さんはデビュー前は

祖父の付き人を務めていたそうです

出身校は立命館高等学校から

立命館大学経済学部へ進学。

立命館と言えば関西では優秀な学校の一つですよね

大学卒業後、1994年放送のフジテレビのドラマ

【この世の果て】で俳優デビュー。

1996年には【夏の午後】で歌手デビューも果たし

現在はドラマ・映画・舞台などで活躍されています。

スポンサードリンク

大浦龍宇一さんの元嫁(画像)や離婚原因は?

大浦龍宇一さんは2001年に

OLをしていた一般女性と、

半年の交際期間で結婚をされています。

2003年には息子の主之和(すのわ)くんが誕生しました。

顔が気になったので写真や画像を探してみたのですが

やはり、一般女性ということもあり

見つかりませんでした、、、。

そして結婚して6年後の2007年に離婚されています。

原因は奥さんの激しいマザコンとあったのですが

はっきりとした離婚理由は語られていません。

大浦龍宇一さん自身

結婚が判断ミスであり、

離婚理由は自分のせいだ

と語っておられました。

息子さんが生まれる前から

結婚生活が順調ではなかったそうで

息子さんが生まれて、再考した結果、

離婚を決断したそうです。

離婚後、息子の主之和(すのわ)くんの親権は

大浦龍宇一さんが持ち、

育てていくのは母親という形をとっていたそうですが

元奥さんは自営業で忙しく、それに加え、

阪神大震災をきっかけに九州に移住すると決め、

そこでは山奥で息子さんが自力で

学校にいけないほどだったそう。

そのため大浦龍宇一さんは

2011年から息子の主之和(すのわ)くんくを

引き取る決断をし、シングルファーザーとして

現在は一緒に暮らしているようです。

スポンサードリンク

大浦龍宇一さんは再婚している?

出典https://livetube.sumry.xyz

離婚後、大浦龍宇一さんは子育てで

浮いた話などなさそうですが、

実際のところどうなんでしょうか??

調べてみた結果、再婚などはしていないようです。

やはり、まだ男で一つで子育ていしていると

恋愛している暇なんてないのかもしれないですね~

大浦龍宇一さんの子供(息子)にキャラ弁?イクメン姿!

出典https://ameblo.jp

大浦龍宇一さんは息子さんを引き取ると決めた後

まだ子供が幼い頃は仕事の時間も

セーブしていたようです。

一時期は子供のために俳優を引退し

普通の職業に転職することも考えたこともあったそうですね。

今は朝夜の2回の食事作りもし

主之和(すのわ)くんのためにキャラ弁を作ったりもし

子煩悩な姿が伺えます!

料理経験ほぼゼロからのスタートでした。

せめて見た目だけは華やかにと思い、

ケチャップでお皿に目鼻を描いたり、

トーストを三角に切って盛りつけたりしているうちに

主之和が喜んでくれるようになった。

それが嬉しくて、少しずつ調理器具も揃えながら

キャラ弁にも挑戦したりするうちに、上達していきました

めちゃめちゃいいパパですよね~!

今は主之和(すのわ)くんも14歳になり

思春期もあり強く反抗することもあるそうですが

男2人で仲良く暮らしているみたいですね。

元嫁と息子の関係も良好なようで

今年、7年ぶりに母親に会いに行ったことを

ブログで報告されていました!

今日からお盆まで、

息子は遠くにいる母親の所に、

遊びに行きました。

実は、7年ぶりのことです

大浦龍宇一さんが【楽しんでおいで!】とメールすると

【ほーい!】とかえってきたそうw

なんだかいい関係を築いているようですね^^

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする