岡本真夜の元旦那は誰?子供の年齢は?現在はピアニストとして活動【今くら】

みなさん、こんにちは!うきえです。

もう年末ですが街中は

クリスマスやらお正月やらで

イベントが先走りすぎて

逆に季節感がなくなってきているような気がする

うきえです。

だってまだクリスマスにもなっていないのに

鏡餅なんておかれちゃ~

クリスマスのワクワク感さえ

素直に感じれないと思いませんか??

(別にわくわくするような予定入ってないけど泣)

さて、そんな泣きたい気持ちを

励ましてくれるような曲

『涙の数だけ強くなれるよ~~♪』

tomorrowで有名な岡本真夜さん!

が「今夜くらべてみました」で

紹介されるということなので

岡本真夜さんの現在について調べてみました!

プロフィール

出典http://aikru.com

【本名】  岡本真夜

【生年月日】1974年1月9日

【出身地】 高知県中村市

【学歴】  高知県立高知南高等学校

【活動期間】1995年~

岡本真夜さんの名前の由来は

真夜中に生まれたから真夜とつけられたそうです。

そして両親の離婚によって

祖父母の養女となり祖母に育てられたみたいですね。

高校卒業後、祖父母のの反対を押し切り

アーティストを目指して上京し

1995年に18歳の頃の作った

「TOMORROW」でデビューを果たす

スポンサードリンク

元旦那は?

出典https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

岡本真夜さんは2000年の1月に

コンサートの美術スタッフだった

岡井一貴(おかいかずき)さんという方と結婚。

一般の方なので写真など

確定できるものはありませんでした、、、

そして2013年に離婚し

その事実を2年後、2015年12月31日に

ブログで発表なさっていました!

彼とは13年間
共に生活をしてきましたが
私が仕事(音楽)に対してやりたいことが増え
それを優先しすぎてしまい
愛情はちゃんとあったのですが
お互いの愛情のバランスがとれなくなり
話し合いの結果、離れることにしました。

ただ、喧嘩別れとかではなく
今まで通り、お互いの夢を応援していますし
息子はしょっちゅう父親の家にお泊まりも行き、

時々3人でご飯も食べに行っています。
彼のご両親も変わらず応援してくださっていて

liveにいつも来てくださいます(感謝です)。

出典https://ameblo.jp

とどうやら円満離婚みたいですね。

一度はずっと一緒にいる決意をした同士ですもんね~

離婚してもお互い応援し合える関係

というのが、いい関係を表していますよね

スポンサードリンク



子供は何歳??

出典https://ameblo.jp

2年間離婚を公表しなかったのは

どうやら息子さんが

高校を卒業するまで公表してほしくない

という思いがあったからだそうです。

岡本真夜さんは結婚したときには

妊娠をしていたそうで

2000年の11月3日に息子さんを

出産されています。

ということは息子さんは17歳になったみたいですね。

出典https://ameblo.jp

確かに高校生とう多感期に

親の離婚は複雑な思いがあるのでしょうね。

岡本真夜さんは息子さんに

「約束を守れなくて、ごめんね」

と謝ったそう、、、

それに対して息子さんは

「僕は大丈夫。お母さんは大丈夫?」

と心配してくれたそうです。

いい親子関係を築かれていますね。

スポンサードリンク

現在の活動は?

現在、岡本真夜さんは2016年に

「mayo」という名前で

ピアニストとしてデビューしたそうです。

出典http://www.e-onkyo.com

どうやらピアニストも昔からの夢だったそうですね。

シンガー・ソングライター岡本真夜を20年間やってきたんですが、

小さい頃はピアニストになりたかったんです

。当時はクラシックを弾いていたので、

漠然とクラシックのピアニストになりたかった。

でも高校1年生の時にピアノよりも歌が好きになってしまい、

急に方向転換したんです。

出典http://www.e-onkyo.com/

歌手の夢もピアニストの夢も

両方叶えられたんですね~

ライブも頻繁に行っているようですよ

出典https://www.musicman-net.com

うきえの小言

岡本真夜さんの曲は知っているけど

テレビ番組にあまりでない方なので

どんな方なのかは詳しくは知りませんでした。

だけど色々とプライベートでもあり

現在はシングルマザー、ピアニストとして

活躍なさっていたんですね~

第二の夢を叶え中の岡本真夜さん

こらからの新たな音楽活動にも期待したいですね^^

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする