ピアニスト清塚信也・本当は俳優志望だった?お笑いも勉強中?次なる夢?

みなさん、こんにちは!

私、昔から部屋に「音」がないと嫌で

小学生の頃からラジオっ子でした。

目覚ましの変わりにラジオをかけていたし

帰宅したらすぐさまラジオを付けていたし

寝る前もでラジオを聞きながら眠りについていました。

やはり日常に音楽があると安心する、うきえです。

と、いうことで今回は音楽関係で

ピアニストの清塚信也さん

ついて調べてみました!

清塚信也さんのプロフィール

【生年月日】1982年11月13日

【出身地】 東京都

【血液型】 B型

【学歴】 桐朋女子高等学校音楽科(共学)

モスクワ音楽院(留学)

【事務所】トライストーン・エンターテイメント

日本人の父親と韓国人の母親ももつ日韓のハーフ

5歳でピアノを始め

1996年、第50回全日本学生音楽コンクールの

全国大会に出場し、中学校の部で1位となる

スポンサードリンク

清塚信也さんの主な楽曲

テレビドラマ「のだめカンタービレ」

ピアノの演奏シーンの吹き替えを担当

2007年公開の映画「神童」でワオ(演;松山ケンイチ)の

ピアノ演奏シーンの吹き替え担当

出典https://movies.yahoo.co.jp

ちなみに、この映画以来、松山ケンイチさんと親交があり

お互いを「しんちゃん」「けんちゃん」と

呼び合う仲になったそうですw

2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』では

第二部から龍馬伝紀行のBGMとして

主題曲をピアノで演奏。

出典https://plaza.rakuten.co.jp

その他アニメ「エヴァンゲリオン新劇場版:Q」

のサウンドトラックを担当したり

ドラマ「コウノドリ」

サウンドトラックを担当したりと

数々の音楽に携わっています。

ドラマや映画って、どうしても役者や

ストーリーなどがメインになりがちですが

こうしたサウンドトラックも重要なポジションですよね~

スポンサードリンク

清塚信也さんはほんとは俳優志望?

出典https://mens.oricon.co.jp

どうやら清塚信也さんは

映画や芝居をみるのが大好きだったそうです。

本人曰く

芝居は、一番と言ってもいいほどやりたいことだったので。

僕は表現がしたいと思っていて、

そのためのアイテムはなんでもいいんです。

それで中学校を卒業する頃には、

ピアニスト、作曲家、俳優の三つを、

人生で必ず成就させてやると決めてました

と、おっしゃっていました。

そしてたらなぜ最初にピアノで??と思いますよね

それについては、こう言っていました

だけど5歳からピアノをやっていたので、

一つの芸事をマスターすることがどれだけ大変か、

もうその時点で知ってたんですよ。

三つを同時にやったら絶対に浅く終わるぞと思って、

一つずつやろうと思って、

まずはピアノをいいところまでやって、

その次にあらためてほかの二つもちゃんとやるぞと。

なるほどな~と感じますよね。

もう子供の頃からプロになる厳しさを

痛感していたんですね、、、

しかし今まさに、俳優業でも活躍なさっていますよね。

ドラマ「コウノドリ」では

ライブハウスのマネージャー役として出演したり

一時期ブームにもなった

「逃げるは恥じだが役に立つ」

にも古田新太さんが演じる「沼田さん」

担当医役で出演していたりと

着実に夢を叶えていっていますよね。

スポンサードリンク

次はバラエティーにも!?

ドラマだけではなく、

バラエティー番組にも

色々でていますよね。

「マツコの知らない世界」「踊る!さんま御殿」

「関ジャニの仕分け∞」「櫻井有吉アブナイ夜会」など

色んな番組でお見かけします。

ご自身でも

あとは笑いのほうも、

ちゃんと勉強したいなと思いますね。

とおっしゃっています。

それはお笑い芸人になりたいとかではなく

話し手、音楽でショーをやる中でも

MCとしての技術を磨きたいということみたいですね

中途半端に笑わせるだけじゃなくて、

芸人さんにも一目置かれる笑いのメソッドを

あいつは持ってるぞって言われるように将来ならないと、

MCをずっとやっていく資格はないと思うんです。

人前でしゃべる以上、ショーの中で、

プロとしてやっていかないと。

宴会芸では絶対駄目。

だからちゃんと真剣に取り組んでますけど

今後もっともっとやらなきゃなと思ってます。

バラエティ番組に出ると痛感するんですよね。

今のところ、一番太刀打ちできない分野なので。

と、全ての事においてプロを意識しておられるんだな~

と思いますね。

★おススメ関連記事

みなさん、こんにちは! うきえです^^ 人は高校時代に聞いていた曲は 一生聞くそうです! 確かに一時...

みなさん、こんにちは! うきえです・v・ 【嵐にしやがれ】に タップダンサーの熊谷和徳さんが 出演さ...

みなさん、こんにちは! うきえです^^ 【笑ってコラえて!】に シューズ職人の三村仁司さんが出演す...

みなさん、こんにちは! うきえです^^ 昨日はひたすら寝ていて 休みの日を無駄にしてしまった感が 半端なくっ...

うきえの小言

表現することって一括りにしても

色々ありますよね。

ピアノも役者もそうですし

絵画やデザインだってそうです。

その中で清塚信也さんは

ピアノ・作曲・俳優と

それぞれ分野は違うと思いがちだけど

確かに「表現者」としてみると

同じ類だな。と改めて感じました。

自分のしたいと思うことを1つに絞らず

そこから派生させて色々していくのも

長い人生いろいろ経験ができて楽しそうですよね。

今の時代、自分のしたいことがわからない

ってよく聞きますよね~

多分それって1つに決めなきゃとか

将来それ1本でしていく仕事を探さなきゃとか

変に真面目に考え過ぎていることも

理由の一つじゃないかな~

なんて思ったりするのです。

清塚信也さんもまたこれから

新たなジャンルを極めて

マルチに活動なさっていくのでしょうね。

これからの活躍も期待したいです^^

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする